薄毛の原因と育毛対策

育毛対策で大事なことは、何が原因で薄毛になったのかをきちんと知ることです。原因を探らないまま育毛シャンプーや育毛剤を使っていても、その種類が本当に合っているのか判断できません。最近の育毛グッズは研究が進んでおり、かなり高い確率で成果を上げることができます。せっかく育毛対策を行うなら、やはり短期間で効率良く効果を出したいものです。

そのためには、自分の薄毛の症状に合った育毛ケアを探さなければなりません。頭皮の血行不良が原因の薄毛は意外と多いのですが、自己判断が難しいため気付かないうちに進行してしまうケースもあります。血行不良の可能性は、クリニックで血液検査を受けてみると分かります。血液検査の数値に出るわけではなく、脂漏性の薄毛と男性ホルモンの働きによる薄毛の可能性が少ないと判断された場合に、残った可能性として血行不良が考えられるということです。

自己判断は難しくても、頭皮を触ってみて冷たく感じる人や皮膚が凝り固まっている感触のある人は注意が必要です。血行不良の人は頭皮マッサージを行うことでかなり良くなりますので、頭皮マッサージを習慣化することが大切です。脂漏性の薄毛の場合は、過剰な皮脂分泌により毛根が塞がれてしまうために抜け毛や炎症が起こります。

シャンプーをしっかり行うことである程度は改善されますが、皮脂の分泌量をコントロールしないと根本的な解決には至りません。頭皮の脂が多い人は、まずは育毛サロンで徹底的に皮脂を取り除いてもらい、清潔な状態を作り上げる必要があります。その上で、皮脂分泌をコントロールするために育毛剤を使用したりシャンプーの種類を見直したりします。男性ホルモンの働きによる薄毛の場合は、クリニックを受診することが最も効果的です。クリニックでは真の原因を探るための検査と適切な処方で、かなり高い効果が得られます。このタイプの薄毛は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが酵素によって抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンになることを防げば解決します。

Copyright (C) 薄毛の原因と育毛対策 All Rights Reserved.